群馬県境 第16回 (長野県境) <和美峠~八風山> 2017 6/4(日)

画像
群馬県境を歩くシリーズも今回で第16回目を迎える事になりました。スタートしたのが2015年の4月(桐生市・白葉峠)でしたので、既に3年目に入った事になります。過去にも色々ありましたが今回も諸々ありました。

画像


画像


画像


今回の県境は長野県軽井沢町と群馬県下仁田町の境界尾根がコースとなりました。

画像


画像


画像


和美峠付近のチェーン着脱場(駐車場)(9:05発)~和美峠(975m、県道92号・県道43号)(9:10 9:25)~黒岩山(1133m)

(10:00 10:10)~1065m峰(1050 11:00)~妙義荒船林道(横断)(11:20 11:35)~浅間山荘近くの尾根~1145m峰(ピー

クにある別荘)~妙義荒船林道(横断)(12:40 12:50)~モーレツな篠・笹の藪~1190m尾根合流点(14:05 14:15)~八

風山 南峰(約1325m)(15:10 15:20)~道標のある鞍部(15:30)~八風山 本峰(1315m)(15:35 15:50)~八風山登山口

(西側登山口)(16:00着)

画像


画像


画像


アプローチは軽井沢からでしたので、違和感がありました。

普通の人は、綺麗な格好をしてアウトレットにショッピング行ったり・ゴルフを楽しんだりしておりますが、私達はピッケル片手に2.5万図を見ながら藪山に突入して行きました。

画像


画像


画像


装備は完璧武装でしたが、内心今回は楽勝だと思っておりました。

標高差も350mほど、距離も短くおまけに妙義荒船林道や別荘地も近くにあります。

まあ里山歩きだな、と思っていましたが、とんだ勘違いでした。

画像


画像


画像


黒岩山までは踏み跡らしき物もあり、藪こぎは全くなし。

これでは昼過ぎにゴールしてしまうかも、などと楽観しておりました。

画像


ところがレイクニュータウン付近から踏み跡も皆無になり、45度くらいの泥の急斜面(痩せ尾根)も出てきてビックリ。

後半、2回目の妙義荒船林道を横断した後は、モーレツな藪に悩まされました。

篠竹の一種でスズダケと言うらしいのですが、密生していて中々前に進めませんでした。

画像


画像


おまけに何十年に一度という開花を迎えており、花粉が飛散して最悪の状態でした。

喉は痛いし咳き込むし、目の中にも首筋からも入ってきます。



切株が何回かは足にも刺さりました。

途中からサングラスをして目だけは防御していくらか良くなりましたが、こんな藪が延々と続きまして、いい加減めげそうになりました。

背丈を越える篠藪の中では、現在地の確認もままなりませんでした。



また八風山 南峰への急登は、本来尾根のはずですが、この篠竹と岩場がじゃまして直登できず、直ぐ右にある沢を絡めての登りとなりました。

画像


画像


何の事はない、沢登りの源頭・詰めと同じですので急なわけです。



めちゃくちゃな急登を終えて、やっとこ八風山 南峰にたどり着けました。

山頂から南東20mくらいの所に岩棚(岩壁の上・危険)があり絶景でした。

画像


画像


画像


内山牧場から荒船山(艫岩・経塚山)などの西上州の山々の眺めは格別でした。



ここからは適当に踏み跡もあり、快適に八風山 本峰に行けました。

画像


八風山 本峰は純粋に長野県内の山ですので、県境ではないのですが、草原状で広々としたノンビリできる素敵な山頂でした。

画像


画像


画像


画像


PS この県境の続きは、八風山 南峰~矢川峠~香坂峠~物見山(1375m)~物見岩~熊倉峰(1234m・特異標高

数字の山)~内山峠となります。

   ここは登山道(信濃路自然歩道)がありますので、こんどこそ本当に楽勝でしょう。

画像


   たくさんの方のご参加をお待ち申し上げております



登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



"群馬県境 第16回 (長野県境) <和美峠~八風山> 2017 6/4(日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント