湯ノ丸高原・旧鹿沢温泉~角間峠(山スキー) 2021年 1/23(土)

DSCF5437 (2).JPG10年振りくらいに冬の角間峠に行ってきました。 当初はここから湯ノ丸山(南峰)に登り東斜面を滑って帰ってこようと思っていましたが、大雪の心配があり角間峠から下山しました。

DSCF5426 (2).JPG

旧鹿沢温泉駐車場(1528m)~コンコン平~角間峠(1767m)~コンコン平~旧鹿沢温泉駐車場

DSCF5427 (2).JPG

DSCF5429 (2).JPG

駐車場には他に1台だけ駐車しており、スノーシュウで角間山に登山されている様でした。

ここは昔は鹿沢スキー場があり、閉鎖された後もしばらくはオープンスペースがあり(20年前)山スキーには格好の条件がそろっていましたが、現在は植林されたカラマツもかなり大きくなり快適なスペースはほとんど無くなってしまいました。

DSCF5430 (2).JPG

DSCF5431 (2).JPG

DSCF5433 (2).JPG

DSCF5435 (2).JPG

積雪は湯ノ丸スキー場で95cm、この辺はそれよりも少ない感じでした。

駐車場からほぼ夏道通りに歩きましたが、途中に東屋が2ヶ所、角間峠にもありますから合計で3か所の屋根付き休憩場所がある事になります。

DSCF5438 (2).JPG

DSCF5439 (2).JPG


大雪予報でしたが、湿っぽい雪が降っていました。

気温は0度くらいで、この時期としてはかなり暖かい温度でした。



下山は標高差約240mの滑降(安全ボーゲン)でした。

角間峠付近の積雪は最悪でモナカ雪(スノーパック状)になっていまして、最初のターンでいきなり転倒してしまいました。

一旦溶けた雪が凍っていて、この部分はかなりのスピードがでますが中々うまくターンができませんでした。

それからは慎重になり、ほとんどボーゲンで下っていきました。



スペースも登山道の幅+α くらいしかないので、これはこれでかなり難しい滑りとなりました。

DSCF5440 (2).JPG

DSCF5441 (2).JPG


途中に登り返しがあり、再度シールを装着してコンコン平まで歩きました。


コンコン平からの下り、以前はオープンスペースがあったのですが現在はほとんど登山道を滑りました。


短い行程でしたが、結構疲れました。



このコースはスキーには向かないようです。

次回は素直に湯ノ丸スキー場からダイレクトに湯の丸山に登ろうと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント