上州・小野子山の岩場 2020年 12/13(日)

DSCF5317 (2).JPG小野子山・南尾根の西側の枝尾根上にある気になる岩峰2つの調査に行ってきました。 小野子山の南にある1152mピークの南で標高1100m付近から南西に延びている枝尾根上にある岩峰です。

DSCF5312 (2).JPG

DSCF5315 (2).JPG


DSCF5316 (2).JPG

DSCF5322 (2).JPG

DSCF5320 (2).JPG

今回、小野子山南登山口から登り雨乞山(931m)を通過して標高1100m手前からこの枝尾根に下りました。

急な下りの末に最初の岩峰の山頂に立ちましたが、南東面は切り立っており北側(右側)から巻きました。

第2の岩峰とのコルに下るところは急でしたので懸垂下降(25m)にておりました。



第2の岩峰は大きそうでしたので、コルから東側のルンゼ状を懸垂(25m)下降しました。

DSCF5324 (2).JPG

西側にはトラロープがありましたので、マニアックな方が登られているようです。

※第2の岩峰をクライミングした後の下降用なのか、単に巻道のお助けロープなのかは定かではありません。



その後は第2の岩峰の東側基部に沿って下りましたが、岩壁上にハーケン・ボルトなどの支点などは見当たりませんでした。

DSCF5326 (2).JPG

徐々に右寄りに第2の岩峰の真下に行きましたが、やはり大きな岩壁でした。


下の方の岩壁はスラブ状な岩も多くあり、フリークライミングやボルダリングには面白そうな壁でした。

DSCF5327 (2).JPG

最下部から岩峰トップまでは標高差で100mくらいはありそうでした。



上部の壁は80~90度くらいの傾斜で高さは70mくらいはありそうですね。

良くわかりませんが5.8~5.10くらいのレベルのように見受けられました。

私には登れませんが、フリークライマーでしたら興味をそそる壁だと思いました。

DSCF5330 (2).JPG

DSCF5332 (2).JPG

DSCF5334 (2).JPG

その後はこの枝尾根を忠実に下りました。

DSCF5337 (2).JPG

最後のところ林道への下りが法面の擁壁になってしまい、東側にある沢に懸垂下降(25m)して、この沢からもう一回懸垂下降(25m)して林道垰山線に降り立ちました。

DSCF5338 (2).JPG

中々面白い調査でしたが、第2の岩峰は私のレベルの上だと感じました。

簡単なルートを見つける事ができるかもしれませんが、取りあえずは藪岩山のバリエーションという事で、この2つの岩峰を巻きながら登るのも悪くないと思いました。

DSCF5339 (2).JPG

次回登るとすれば、第2の岩峰は西側から巻きあげて登ってみたいですね。



名前も分からない岩峰でしたが、どなたか情報をお持ちでしたら教えて頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント