西上州・木々岩峠登山口~ 鹿岳(1015m) 2020年 4/19(日)

DSCF4949 (2).JPG鹿岳は何回も登っていますが、いつも四ッ又山からの縦走で下山は鹿岳のコルから降りていました。 木々岩峠方面からの破線コース(バリエーションルート)は何時かは歩いてみたかったルートでした。

実際に歩いてみて感じた事は、かなり危険でルートファインディングも難しいルートだという事です。

DSCF4933 (2).JPG

DSCF4935 (2).JPG



鹿岳駐車場(ハーブガーデン跡)~鹿岳登山口~木々岩峠登山口~木々岩峠分岐~高原下降点~鹿岳(1015m・二ノ岳)~鹿岳のコル~鹿岳登山口~鹿

岳駐車場(ハーブガーデン跡)

DSCF4937 (2).JPG

木々岩峠登山口から林道の終点までは問題ありませんが、登山道になってから鹿岳~木々岩峠の稜線に出るまでのルート取りが難しく、また岩場・ガレ場のロープ帯も危険でした。

地形図に示されてる旧登山道の標高700m付近が木々岩峠分岐ですが、そこから尾根に沿って北東方向に少し登り、後ほぼ真東に進みます。

地図上では簡単ですが、この窪地状地帯は大規模な伐採がなされていて登山道・踏み後は皆無でした。

DSCF4939 (2).JPG

DSCF4941 (2).JPG



進行方向には岩壁帯がありとても登れそうには見えませんでした。

実際には2つある岩壁帯の左側の岩のやや右を絡めて登りました。

地形図に岩マークが3つ連なっている所で、その真ん中の岩マークのあたりを登りました。


要所要所にはトラロープが付いていましたが、岩は濡れているわ・トラバースは外傾しているわで大変怖かったですね。

DSCF4943 (2).JPG

DSCF4944 (2).JPG


登りきると主稜線上の小ピークに出ました。

ここは三ノ岳(仮称)のすぐ北にあるピークでした。


その後は登山道もハッキルしてきて迷うことはありませんでした。

ただロープはありましたが、まだまだ危険な登山道でした。

DSCF4945 (2).JPG

DSCF4947 (2).JPG

DSCF4948 (2).JPG


やっとこ鹿岳(ニノ岳)に到着し、南峰で展望を楽しんでから一般コース(鹿岳のコル)で下山しました。

DSCF4950 (2).JPG

DSCF4952 (2).JPG

DSCF4954 (2).JPG



PS このルートは一般登山者にはお勧めできませんね。
 
地形図の崖記号などの場所も間違っていますし、いざという時に懸垂下降などで撤退できるレベルの方以外は止めた方が無難です。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント