上信・天狗温泉~浅間山(前掛山2524m) 2020年 3/20(金祝)前泊~21(土)

DSCF4919 (2).JPG

昨年も同ルートで浅間山に挑戦しましたが、トラブルがあり急遽妙義山に変更となりましたので2年越しの再挑戦となりました。 私個人として、初めて浅間山に登ったのは高校生の時ですから40年以上前になります。 

DSCF4897 (2).JPG

DSCF4899 (2).JPG

DSCF4900 (2).JPG

その時は群馬県側の峰の茶屋から登り、本当の山頂(2568m)まで登れましたし、山頂から覗いて火口壁や火口の底部まで見えました。

0002_xlarge.jpg

0003_xlarge.jpg

0004_xlarge.jpg

DSCF4901 (2).JPG

0005_xlarge.jpg

DSCF4904 (2).JPG

DSCF4905 (2).JPG


その後、現在に至るまでこの登山道は登山禁止になってしまった様です。

0006_xlarge.jpg


DSCF4906 (2).JPG

DSCF4908 (2).JPG

DSCF4909 (2).JPG


その後も浪人生の時に残雪期の浅間山に登りました。
この時も3月でしたが、車坂峠~黒班山~蛇骨岳~Jバンド~前掛山~湯ノ平口~草すべり~トーミの頭~車坂峠 と歩いた記憶があります。

雪はもっと沢山あり、Jバンドの下りではピッケルで雪庇をくずして降りたと思います。

また超急傾斜の草滑りを登っている時、すぐそばの雪壁をカモシカがトラバースしていてビックリした事を記憶しています。

他に登山者は全くいなかったと思います。

0009_xlarge.jpg


DSCF4912 (2).JPG

DSCF4913 (2).JPG


0010_xlarge.jpg

現在は、未だに登山ブームが続いているのでしょうか? たくさんの登山客が登っておりました。



3/20(金祝) 自宅=(車)=天狗温泉・浅間山荘(泊)

3/21(土)  天狗温泉・浅間山荘(5:40発)~一ノ鳥居~火山館(管理人が居ました)~湯ノ平口~湯ノ平高原~外輪山の肩(シェルター2棟あり)~前掛山(2524m)(10:30 10:35)~湯ノ平口~火山館~天狗温泉・浅間山荘(14:35着)=(車)=自宅

DSCF4916 (2).JPG

DSCF4917 (2).JPG

DSCF4918 (2).JPG


0011_xlarge.jpg

今回は、超暖冬という事で雪は極端に少なく、天狗温泉からの歩き始めには全く雪はありませんでした。

火山館あたりから本格的な積雪がありましたが、多いところで70㎝前後でした。

DSCF4921 (2).JPG

DSCF4922 (2).JPG


0012_xlarge.jpg

0014_xlarge.jpg



湯ノ平高原からの本格的な登りも積雪は少なかったですね。

ただし、登山道がクラスト(半アイスバーン)していて大変危険でした。

DSCF4926 (2).JPG


DSCF4927 (2).JPG


0017_xlarge.jpg


DSCF4929 (2).JPG


またこの辺りから風が強くなり、前掛山の肩(シェルターのある所)からは強風となり15mまたはそれ以上の南西風が吹き続けておりました。

アウタージャケットでもフードがないタイプでは我慢できないくらいの強風でした。

一般的に、登山を続行できるギリギリの風力だったと思います。

DSCF4930 (2).JPG


0020_xlarge.jpg


DSCF4932 (2).JPG


何はともあれ無事に登頂・下山出来てよかったです。


PS 登山者の中にはストック&軽アイゼンで登っている人もいましたが、クラストしている斜面では、ピッケル&12本爪のアイゼンで登るべきですね。 滑落した場合、ストックでは絶対に停止できません。 安全登山を心掛けたいものですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント