赤城山系・鍋割高原~鍋割山(1322m) 2020年 1/2(木)

DSCF4736 (2).JPG皆様、明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今回の年末年始は9連休という事で時間はたっぷりあるように思われましが、各実家への挨拶やプチ温泉旅行などの予定があり山への時間が取れませんでした。
何とか1/2(木)が空いておりましたので、近場の鍋割山に行ってきました。

DSCF4724 (2).JPG

DSCF4726 (2).JPG

鍋割山登山口(駐車スペース805m)~鍋割高原~鍋割山(1332m)~竈山(かまどやま)~火起し山(1305m)~荒山高原(1258m)~棚上十字路(東屋・草の広場)~荒山登山口(駐車場895m)~鍋割山登山口(駐車スペース805m)

DSCF4725 (2).JPG

DSCF4727 (2).JPG

DSCF4728 (2).JPG

一般的には県道4号線脇にある姫百合駐車場から登りますが、毎回同じ所からだったので今回は南面の鍋割山登山口から登り、荒山高原を経由して同じ南面の荒山登山口に下山しました。

DSCF4730 (2).JPG

DSCF4731 (2).JPG

DSCF4734 (2).JPG


年末の降雪で黒檜山の方は60㎝の積雪だったようですが、鍋割山の南面登山道は積雪はゼロでした。

やっと鍋割山の頂上台地にきて10㎝くらいの積雪でした。

DSCF4735 (3).JPG

DSCF4737 (2).JPG




天気は弱い冬型の気圧配置で晴れ、富士山やスカイツリーが良く見えました。

驚いたのは南アルプスの甲斐駒ヶ岳や北岳が見えた事です。

流石に北アルプスや谷川連峰は雲がかかっていましたが、それでも素晴らしい展望を満喫する事ができました。

DSCF4738 (2).JPG

DSCF4739 (2).JPG


下山路で経由した荒山高原周辺は20㎝くらの積雪。

数年前にビバーク体験で泊まった東屋を確認して荒山登山口に降りました。

良い天気に恵まれて素晴らしい初登りとなりました。


本年が皆様にとって素晴らしい年になる事を願っております。




PS コースタイムの訂正

山と高原地図「赤城・皇海・筑波」(1015年に版)によると、荒山登山口~鍋割山登山口間(林道)は、登り下りとも30分となっておりますが、実際の下りで50分以上かかりました。 距離で約5㎞は普通30分では行きません、明らかな間違いと思われます。

以上、富澤


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント