栃木 石尊山周辺<岩登り講習会> 2019年 11/16(土)

DSCF4635 (2).JPG足利市郊外の石尊山にロープワーク中心の岩登り講習会に行ってきました。 純粋なロッククライミング・フリークライミングではなくてもバリエーションルートに行くとかなり危険な岩場や急斜面に出くわす事があります。 そんな時にロープとハーネスが有れば安全性は格段にアップします。 ただしロープワークとはそう簡単には身に着ける事は出来ません。

DSCF4637 (2).JPG

DSCF4638 (2).JPG

DSCF4641 (2).JPG

ロープワークはなぜ行うかと言えば、万が一落ちた場合に途中で止まる(死なない・大ケガをしない)ようにする為です。

DSCF4643 (2).JPG

DSCF4646 (2).JPG

DSCF4648 (2).JPG

その為には、ロープ・ハーネス・支点・ギア類・確保者などが必要で、ロープやスリングを使った各種の結び方を覚える必要があります。

八の字結び各種(フィギュアエイトノット・ダブルフィギュアエイトノット・フィギュアエイトループノット)・クローブヒッチ(マスト結び・インクノット)・ハーフクローブヒッチ(ムンターヒッチ・イタリアンヒッチ・半マスト結び)・ガースヒッチ・ダブルフィッシャーマンズノット・ボーラインノット(ブーリン結び・もやい結び)・フリクションヒッチ(プルージック・マッシャー他)などは基本的な結びですので必ず覚えたいものですね。

DSCF4649 (2).JPG

DSCF4655 (2).JPG

DSCF4661 (2).JPG

口で言うのは簡単ですが、実際にやってみると中々出来ないものです。
またその時は出来ても、一週間~一か月経つとほとんど忘れてしまいます。
完全に身に付けるには、集中的に練習する事ですね。

DSCF4666 (2).JPG

DSCF4667 (2).JPG
DSCF4669 (2).JPG

繰り返し、飽きるくらい何回も何回も続ける事が必要ですね。

結びを覚えるだけでしたら教室内でも出来ますが、実感がわかずイメージが掴みづらいので簡単でも実際の岩場に行って練習した方がより早く習得できると思います。

DSCF4671 (2).JPG

DSCF4675 (2).JPG

今回は40~50度くらいの緩い傾斜での練習でしたが、段階が進めばもっと傾斜の強い岩場で練習したいですね。

最終的には垂直(懸垂下降はオーバーハングでも)でも出来ればよりベターですね。

DSCF4677 (2).JPG

DSCF4681 (2).JPG


第2回目の岩登り講習会(ロープワーク中心)は1/25(土)に同じく石尊山周辺で予定していますので宜しくお願い致します。。



山旅クラブ 富澤



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント