栃木・石尊山南西稜 2019年 2/9(土)

画像
栃木県足利市にある石尊山のバリエーションルートに行ってきました。 短いながらも岩稜のある石尊神社奥宮・南西稜です。


今シーズン一番の大寒波が来ていて、積雪も5~10cmになる見込みとの事でしたのでて、天候と相談しながらの登山となりました。

朝のうちは曇りでしたが、特別に寒いといった感じはありませんでした。

画像


今回、初参加のNさんの実力も完全には把握できませんでしたので、無理はしませんでした。



ロープワークを交えた岩登り講習会的な感じで全行程を歩きました。


3点確保による登下降、懸垂下降、トップロープでの確保・テンションでの降ろし方、登攀時の確保(リードへの確保)・ヌンチャクの回収・セルフビレイの取り方、コールの仕方・その意味、懸垂下降の支点の作り方などなど。

画像


それに伴う各種ロープの結び方、八の字結び(フィギュアエイトノット)・ダブルの八の字結び(ダブルフィギュアエイトノット)・ボーラインノット(ブーリン結び・もやい結び)・クローブヒッチ(インクノット・マスト結び)・ハーフクローブヒッチ(ムンターヒッチ・イタリアンヒッチ・半マスト結び)・ダブルフィシャーマンズノットなどなど。

結びは、基本的には5~6種類くらいを完全に覚えればOKだと思います。



Nさんは基本的に全て出来ていましたので、後はより素早く綺麗に出来るようになればよりベターだと感じました。

後は実線でたくさん使ってみる事ですね。

画像


30mロープで4ピッチくらいだったでしょうか。

II~IIIくらいの岩稜ですが、ちょっと稜線を外れて側壁などを登ればIII~IVクラスにもなります。

今回は富士山と浅間山は見えませんでしたが、展望・高度感は素晴らしかったですね。

画像


南西稜の頭から北に歩くと直ぐに釈迦岩です。

ここから東の沢に懸垂下降しまして、下降点から土壁をピッケルを使用して登り返しました。

登りは雪壁を登るのとまったく同じテクニックです。



だいたい終了した時点で雪が降ってきましたが、結果的には積雪もなく案外過ごしやすい一日でした。



近くて面白い岩場のある低山、石尊山は私の中では「名低山」ですね。

また近々出かけようと思っています。

画像



登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド>



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック