登山教室 「山旅クラブ」 トミーの山旅日誌  

アクセスカウンタ

zoom RSS 西黒尾根(巌剛新道)〜谷川岳 2018 10/13(土)

<<   作成日時 : 2018/10/16 17:28   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
日帰りで西黒尾根から谷川岳(トマの耳・1963m)に行ってきました。 当初の予定では肩の小屋に一泊するはずでしたが、満室で部屋が取れず日帰りとなりました。 昔は前泊しないときついコースでしたが、新幹線が出来たお陰で日帰りも可能になりました。

画像


画像



西黒尾根は日本三大急登(他は北ア・烏帽子岳へのブナ立尾根、南ア・甲斐駒ヶ岳への黒戸尾根)に選ばれている尾根で標高差は約1200mと言われています。


忠実に西黒尾根をたどると2/3は樹林帯で展望が望めませんので、豪快なマチガ沢の展望を楽しみながら登る事ができる巌剛新道から登りました。

画像


画像



巌剛新道は1954年に沼田営林署の竹花巌・川中剛の両氏よってマチガ沢の右岸に作られた道です。

お2人のファーストネームを取って巌剛新道と名づけられました。

出合からの景色・そして見晴台からの展望は一級品で、迫力あるマチガ沢とトマの耳(1963m)・オキの耳(1977m)〜東尾根〜シンセン岩峰などの岩壁群のパノラマは圧巻です。

画像


画像



岩場や鎖場も出てきてスリルも味わえます。

ここから一頑張りすれば、西黒尾根の稜線・ガレ沢のコル(1485m)です。

画像


画像



ここから上は森林限界になりますので、素晴らしい展望を楽しみながらの岩稜となります。

画像


画像


画像


黄色いペンキマークに導かれながら、氷河の跡(大きな一枚岩)〜ザンゲ岩と通過すれば山頂の肩に到達します。

画像


画像


画像


肩の小屋を横に見ながら、もう一頑張りすれば待望の山頂・トマの耳(1963m)に到着です。



あいにく、山頂手前からガスの中に入ってしまい、山頂からの展望は全くありませんでした。

画像


画像



加えて、山頂での記念撮影は順番待ちで10人くらいは並んでおりました。

肩の小屋でトイレを借りようとしたところ、こちらは50人も順番待ちをしておりました。

恐るべし、秋の日本百名山・谷川岳。



山頂での展望はありませんでしたが、午前中は豪快なマチガ沢・至仏山〜燧ヶ岳、巻機山なども見る事ができて素晴らしい山旅になりました。



今回のコ−スは中級者向けですが、他にも南面から登る中ゴー尾根や北側の芝倉沢から登る中芝新道〜一ノ倉岳〜オキの耳などはもう1ランク上の上級者コースとなります。


谷川岳はピークに登るにしても沢山コースがありますので、実力・季節に合わせて色々なルートを楽しんでみて下さい。


画像
  ※参考写真:2015年 4/12(日)の西黒尾根上部



登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西黒尾根(巌剛新道)〜谷川岳 2018 10/13(土) 登山教室 「山旅クラブ」 トミーの山旅日誌  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる