栃木・雨巻山(533m) <冬晴れハイク> 2018 2/24(土)

画像
先週の土曜日に、久しぶりに栃木県の低山に冬晴れハイク(陽だまりハイク)に行ってきました。 雨巻山は八溝山地南部、栃木・茨城県境にほど近い所にある里山です。 あの益子焼で有名な益子町の南東にある標高533mの自然林がたくさんある名低山でした。

画像


概略コースは下記に示す通りです。

大川戸 駐車場~分岐~三登谷山(433m)~雨巻山(533m)~展望塔~雨巻山~猪転げ坂~大峠~分岐~御岳

山(433m)~分岐~小峠~大川戸 駐車場

画像


画像


画像



雨巻山は知る人ぞ知る人気の冬晴れハイクの山です。

近年、駐車場や登山道もしっかり整備され大人気の山になった感じでした。

画像


画像


画像


画像


大川戸の駐車場(20~30台)はほぼ満車状態で、大阪や福島県の車もありました。

標高も500mそこそこで雪もない山ですので、夏山と同じような装備で登れます。

もちろん軽アイゼン・ストックはあった方がいいですが、今回は軽アイゼンは使いませんでした。

画像


画像


画像


画像


これらの山が関東には沢山あるのです。

たぶん新潟や北陸の方は羨ましいのではないでしょうか。

彼らには冬晴れハイクは無理でしょう、毎日が雪か曇りの天気ですからね。

そんな事で、雪の殆どない綺麗な広葉樹林が広がる栃木の名低山を満喫しました。

画像


画像


大川戸登山口が標高190mですから山頂までの標高差は350m弱と手頃でした。

しかしながら、猪転げ坂は雪が残っていて一部アイスバーン状態になっていましたので凄く神経を使う下りとなりました。

画像


画像


画像


山頂は平らで広いので、たくさんの登山者がいましたがユックリと昼食をとる事ができました。

隣りのベンチでは「鍋焼きうどん」と何と「焼肉」を作って食べておりました。

画像


肉好きの私はよだれが出そうでしたが、カップラーメンで我慢いたしました。

本来は展望の冬晴れハイクのはずでしたが、天気が穏やかすぎて「かすみ」が架かってしまい日光連山や富士山などは見えませんでした。


近くの筑波山~加波山、古賀志山・芳賀富士・鶏足山などは綺麗に見えました。

画像


今回は周遊という事でほぼ一周しましたが、体力に自信がなければ最短コースの往復もできます。

コースがたくさんあるので、体力や天候によって幾らでもコース取りは変更可能な山です。

画像


画像


画像


次回は、新緑または紅葉の時に行ってみたいですね。

画像


登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック