裏妙義山系 中木川・谷急沢左俣 <沢登り> 2017 9/7(木)

画像
当初は源頭まで詰めて谷急山にも登ってから帰る予定でしたが、秋雨前線が南下し昼から本格的な雨の予報でしたので、実践沢登り講習会に変更しまして、下流部のみ遡行して女道(破線・一部廃道に近い)から早めに降りてきました。



妙義荒船林道のゲートも開いていましたので、深沢橋まで車でアプローチしました。

お陰でたいへん助かりました。



水流はさほどではありませんでしたが、通常よりはやや多い感じでした。

中木川に降りて、ほんのちょっと歩くと谷急沢の出合です。



左が中木川本流、右が谷急沢の出会いです。

出合からこれまた直ぐに最初の滝(F1)が現れます。

落差5~6mの末広がりの滝です。

左壁・右壁のどちらも登れますが、今回は真っすぐ登れる(セカンドが振られない)右から登りました。

画像


画像


右俣出合を過ぎるとゴルジュぽくなってきて、いよいよ沢登り本番という感じになります。

深い釜をもつ4m滝は逆層で直登不可なので右岸を巻きました。

画像


画像



その後は綺麗なナメが続きとても楽しい所です。

画像


8m滝は右壁を登り、次の3m滝は釜が深く思い切って泳ぎました。

画像


画像


画像


この日の前橋の最高気温は24℃、正直 首まで浸かりたくありませんでしたが、せっかくなので中央突破しました。

滝壺の中、一人でギャー寒い!と大声をあげていました。

画像


画像


画像


画像


画像



この後、懸垂下降の支点の作り方、実際の懸垂・下降器をを使った人工登攀なども練習しました。

結局、懸垂は滝下まで2回おりました。

画像


またルベルソ キューブを使ってのセカンドの確保システム(オートロック機能)なども勉強しました。

画像


そんなこんなで、色々と実際の立ち木などを使い練習してから下山となりました。


昼前に車に戻りましたが、その頃から雨が降り始め、ドンピシャの終了時間だったようです。



次回は源頭まで詰めるか、谷川連峰の白毛門沢あたりに行きたいですね。




登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック