奥秩父・表参道~両神山(1723m) 2017 6/11(日)

画像
10数年ぶりに表参道から両神山に登ってきました。最近は八丁尾根コースや沢登りのあとに山頂に行ったりとか、アクティブなルートからの登頂ばかりだったので、久しぶりの表参道は安心して登る事ができました。

画像


画像


画像


画像


とは言っても結構疲れたので、調べてみますとコースは長く・標高差もかなり大きなルートだったんですね。

幾つかある登山道の中でも1~2番目に長いルートですし、標高差も1000m以上はありました。

画像


画像


画像


画像


短くて岩場も少ないのは白井差コース、短いながらも岩場・鎖場だらけなのが八丁尾根コースでしょう。

梵天尾根からは超ロングで危険個所もある縦走コースと言えるでしょう。

画像


画像


画像


表参道コースは特別に危険個所はありませんが、地味に危険なコースと言えるかもしれません。

先ずは登山口から会所までの巻き道(トラバース道)です。

次は会所から清滝小屋までの、沢に沿った道。

何回も徒渉しますので、濃霧など悪天時には迷いやすいですね。

画像


画像


画像


清滝小屋から山頂にかけては所どころに岩場・鎖場で出てきますが、こういう場所は誰でも慎重になりますので返って危険は少ないと思います。

画像


画像


季節は梅雨の真っただ中でしたが、梅雨の晴れ間にあたり、爽やかな風と沢音を聞きながら新緑の中をのんびり歩く事ができました。

画像


百名山だけに、何時ものように山頂にはたくさんの登山者がおりました。

ちょっと静かな所で休みたかったので、北にある岩峰に移動してランチタイムにいたしました。

先端まで行くと、四方が切れ落ちていて落ち着けないので、手前のテラスでのんびりしました。

画像


ここからですと、八丁尾根~八丁峠~赤岩尾根が手に取るように見えました。

「群馬県境を歩くシリーズ」をやっていますので、直ぐ気になってしまのですが、赤岩尾根の一番右にあるP1(ピーク1)の向こう側は群馬県です。

画像


赤岩尾根自体も県境尾根ですので、何れまた行かなければいけないルートなのです。


そんな事を考えながら、ゆっくりと帰路につきました。

画像


画像


登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック