足尾山塊・袈裟丸山(前袈裟丸山) 2017 5/16(火)

画像
アカヤシオの大群落を見に袈裟丸山に行ってきました。 前回この山に登ったのは1年半前でして「群馬県境を歩くシリーズ 第5回」の時でした。 季節は秋の初めで紅葉が素晴らしく、袈裟丸連峰~鋸山を越えて不動沢のコルまで歩きました。

画像


      <日本三百名山・関東百名山・群馬百名山・栃木百名山>

今回の袈裟丸山はアカヤシオが目的でしたので、ザックに寝袋などはなく軽量で楽しく登る事ができました。

画像


画像


近年、袈裟丸山は人気の山となり、特にアカヤシオの咲く今頃は大変な混雑です。

それを避けてわざわざ平日にしたのですが、登山口の駐車場は既に満車、仕方なく路上駐車となりました。

画像


画像



コースは「弓の手コース」の往復です。

折場登山口~つつじ平~展望台~賽の河原~小丸山(小袈裟・1676m)~小丸山避難小屋~袈裟丸山(前袈裟丸山・1878m)のピストン

画像


画像



アプローチの林道脇には、山ツツジ・ミツバツツジ・山ザクラなどが咲いていて新緑の季節になっておりましたが、新緑になってしまうとアカヤシオは終了です。

画像


画像


アカヤシオは冬の終わりというか、春の初め、冬涸れの山(芽吹き前)に最初に咲く花なので感動的なのです。

何も無い山・林にあれだけ大きなピンク色の花をみたら、誰でも感動する事でしょう。

そういう私もアカヤシオファンの一人です。

画像


画像


葉っぱが無く、大きなピンクの花が満開。

何だかソメイヨシノにそっくりですね。

だから皆が好きな花なのでしょう。

画像


画像


関東ではアカヤシオと呼んでいますが、紀伊半島と四国ではアケボノツツジ、九州ではツクシアケボノツツジと言われているそうです。

日本全国、この季節は大勢の方がこのアカヤシオを見に登山しています。

因みに、西上州では「ヒトツバナ」と言っております。

画像


画像


画像



関東周辺にもアカヤシオが有名な山はたくさんありますが、袈裟丸山のアカヤシオの数は半端ではありません。

恐らく数千本以上の本数だと思われます。

また西上州のように岩場ではなく、平坦地に咲いているので何方でも見に行く事ができます。

今回も山頂は目指さずに、アカヤシオだけ見に来た熟年ペアーなどもいました。

画像


画像


画像



スタート地点は萌黄の新緑、そして芽吹き~唐松の芽吹き~冬枯れ~アカヤシオ満開~山ザクラ(つぼみ~咲き始め)~残雪と季節がドンドン逆戻りしていきました。

画像


画像


平地でいえば3か月前に戻っていきました。


植生の垂直分布の変化も面白かったですね。

画像




展望も午前中はかなり見えまして、奥袈裟丸山~皇海山~錫ヶ岳~日光白根山~男体山、赤城山~上州武尊山~谷川連峰~至仏山~平ヶ岳などが見えました。

画像


画像



至仏山のワル沢は全面真っ白で、まだスキーが出来そうでした。

画像


画像


そんな事で、野生動物の観察も含めて、アカヤシオで超満腹になった山旅でした。

画像


画像


画像


袈裟丸山 最高!!!



PS 今週末は憧れの佐渡ヶ島に行ってきます。



登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック