中央アルプス・木曽駒ヶ岳(2956m) 2017 3/23(木)前泊~25(土)

画像
久しぶりに雪の中央アルプス最高峰・木曽駒ヶ岳(2956m)に行ってきました。当初は、木曽駒ヶ岳登頂後、条件が良ければ宝剣岳にもアタックする予定でしたが、それは適いませんでした。

画像


画像


画像


木曽駒ヶ岳だけでしたら、天気・雪質などの条件がそろえば、そんなに難しくないルートですが、事前のガイド情報などで、場所によってはバリバリのアイスバーンになっている事、またちょっと前に千畳敷カールで大きな雪崩が発生している事・積雪は380cmなどが確認出来ましたので、全てに対応できるようにフル装備で出かけました。

画像


画像


よって、ピッケルの他にアイスバイル(アイスアックス)・ワカン、ビーコン・プローブ・スコップ、スノーバー・50mロープなどが追加変更されかなりの重さになりました。

画像


画像


画像


当初の登頂予定日の3/24(金)も登れない天候ではありませんでしたが、翌日の方がより条件が良いようでしたので、あえて予備日を使って2泊としました。

画像


画像


停滞日は、体がなまるのでロープワークのトレーニングも兼ねて、極楽平までピストンしてきました。

画像


画像




そして3/25(土)の朝を迎えました。

この時期にしては、気温が低くマイナス15度でした。

画像


画像


7時に出発、気温は低いのですが、八丁坂の登りでは日差しもあり暑く感じました。

乗越浄土手前の急斜面もアイスバーンまでにはなってなく、堅雪状態でしたので助かりました。

画像


画像


画像



稜線に出るとさすがに多少の風はありましたが、雪の3000m級の山としてはそよ風程度でした。

画像


画像


画像



気になっていた宝剣岳北稜を見ると、鋭いナイフリッジが山頂まで続いておりました。

前夜、知り合いのガイドと情報交換した際に言われた、「すごくリスキーなルート」の意味が良く分かりました。

岩も出てなくランニングビレイが取れない状態、スノーバー1本では心もとなく、あっさりあきらめました。

画像


画像


画像


画像



宝剣山荘(冬季休業中)の横をとおり、中岳を越えて一旦下り、登り返して難なく登頂出来ました。

画像


画像


画像


日本百名山にして中央アルプス最高峰の山頂は、とっても広くてのんびりと大展望を満喫出来ました。

富士山・南アルプス全山・中央アルプス(空木岳まで)・御岳・乗鞍を含めて北アルプスもほぼ全山見えました。

画像


画像


画像


画像



山頂直下の陽だまりで、雪山では珍しくまったりのランチブレーク、これも好天のたまものでした。

画像


画像


画像


下りは、八丁坂では十分に注意をしておりました。


結果的には、天候に恵まれた贅沢な山行となりました。

時には、こんなゆったり登山も良いものですね。

画像


登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック