登山教室 「山旅クラブ」 トミーの山旅日誌  

アクセスカウンタ

zoom RSS 上州・玉原高原〜尼ヶ禿山(山スキー) 2017 2/16(木)

<<   作成日時 : 2017/02/17 17:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日、またまた玉原高原に行ってきました。4月上旬に予定しています雪上テント泊・尼ヶ禿山(あまがはげやま)〜鹿俣山の下見も兼ねて、久しぶりに山スキーで登ってきました。当初の予定では尼ヶ禿山〜鹿俣山まで歩きたかったのですが、積雪量も多くとても無理でした。

画像


たんばらスキーパークの駐車場に車を止めて出発。

ほぼ一年ぶりの山スキーで、しかもシールも新調しましたので、嬉しいのですが要領が今一つしっくりきませんでした。

画像


画像


たんばらスキーパーク 駐車場〜センターハウス〜玉原湿原〜東大セミナーハウス〜枝尾根〜鉄塔〜主稜線〜尼ヶ禿山(あまがはげやま・1466m)



積雪は330cm、このエリアとして多い方だと思います。

駐車場からセンターハウスに続く林道に滑り込んで、平らな所でシールを付けました。

スキーを脱いだ途端、腿まで埋まりました。

画像


これだけの新雪ですと、ツボ足ではとても歩けません。

スキー・スノーシュー・ワカンなどの浮力のある物を付けなければ100m歩く事も出来ないでしょう。



天気は快晴、南からの移動性の高気圧に覆われて、気温もウナギ登りで上昇してまいりました。

凄い湿雪となり、新調したシールにベッタリ雪が付いてしまい往生しました。

片足に5kgの重りを付けて引きずっているような感覚でした。

画像


画像



これでは拙いと思い、奥の手・滑走用のワックスをシール面に塗布しました。

何とか滑るようになり、これで結果的に登頂出来ました。

画像


画像


他に、もう一パーティ・スノーシューのカップルがおりましたが、鉄塔の手前から撤退したようでした。

スノーシューよりはスキーの方がラッセルには強いと思います。


画像


さて、山頂には巨大な雪庇が張り出していました。

画像


夏に行くと、結構大きな山頂標識があるのですが、全て雪の下でした。

画像


画像


画像


画像



眼下に玉原湖、そしてその左には盟主・上州武尊山が素晴らしい姿を見せてくれました。

画像


画像


画像


画像



さて、お目当ての滑降ですが、凄い湿雪ですので簡単には曲がりません。

骨折しては拙いので慎重に滑りました。

画像


快適とは言えませんが、やはりスキーは早いですね。

アッという間に玉原湖畔の林道まで下ってしまいました。

画像


ブナとミズナラの原生林のツリーラン、最高!

雪質がもっと良ければ、より最高!!! なのでしょうが、仕方ないですね。




次回、4月の上旬は雪も締まって歩き易くなっている事でしょう。



登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上州・玉原高原〜尼ヶ禿山(山スキー) 2017 2/16(木) 登山教室 「山旅クラブ」 トミーの山旅日誌  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる