北秩父・観音山(698m) & 新年会 2017 1/8(日)後泊~9(月祝)

画像
今年の登り初めの山は、北秩父の観音山(698m)となりました。 下山後は小鹿野町にある国民宿舎・両神荘に泊まり、新年会となりました。

画像


画像



群馬県で観音山と言えば、高崎市にある観音山(白衣観音)でして標高は200mに足りません。

北秩父の観音山も低山ですが、約700mあり岩山です。

画像


画像


秩父札所31番の観音院の山門(仁王門・一本石造り仁王像)をスタートして、鷲窟山観音院~東奥の院~観音山と左周りに歩き、牛首峠から観音院の山門に戻ってきました。

画像


画像


画像


コースタイムですと2時間25分ですが、鷲窟山観音院の本堂を抱く大岩窟はかなりの迫力がありますし、山頂西側の岩棚からは両神山・毘沙門山(白石山)・二子山や西上州の御荷鉾山などの展望が素晴らしいミニ周遊コースでした。

画像


画像


画像


天気予報では雪の可能性がありましたが、実際の降雪は夕方からでして助かりました。

画像


画像


画像


牛首分岐からの往復で山頂に立ちましたが、山頂から西に延びる尾根をうまく利用すればショートカットでき、またバリエーションルートを堪能できるかもしれません。

画像


ただし、山頂北西面は90度の絶壁で高さは30m以上ありました。

行くにしてもロープなどの道具が必要ですね。

画像



さて、順調に歩き時間が余ってしまいましたので、途中でロープワークのミニ講習会も行いました。

画像


120cmのスリングでチェストハーネス(シートベント)を作りカラビナでの懸垂下降、肩がらみ懸垂(下降器のない昔

はこれで降りていました)。

画像


画像


そしてロープの連結方法(ダブルフィシャーマンズノット・エイトノットの束ね結び・2本ロープでのダブルフィギアエ

イトノット・スクウェアノット)も幾つかやってみました。

画像


画像


それでも2時過ぎには国民宿舎・両神荘に到着してしまい、3時前から飲み始めました。

山歩き~温泉の後のビールは最高でした。

画像


画像


その後は、日本酒・ジンなど思い思いに飲み続けて、楽しい新年会となりました。

後泊企画ですので、翌朝は帰るだけ、おのずとお酒が進んでしまいますね。

翌朝はちょっとした二日酔い状態でしたが、たまには好いですね。

画像


そんな事で楽しい冬晴れハイク & 新年会となりました。

画像


安全で楽しく!

今年もどうぞ宜しくお願い致します。



登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック