栃木・唐沢山~諏訪岳(324m) 2017 12/17(土)

画像
当初、奥多摩に行く予定でしたが、寒そうでしたので、より標高の低い栃木県の低山縦走に行ってきました。 佐野市の北東にある唐沢山(249m)から諏訪岳(324m)まで歩きました。 両山とも栃木百名山に選ばれている山です。 車でしたので、周遊するために麓の道も歩きました。

画像


画像


概略コースは下記の通りです。

京路戸公園 駐車場~田沼工業団地~多田大橋(秋山川)~川入集落~唐沢橋~関東ふれあいの道「松風の道」

~唐沢山(唐沢城址・唐沢神社・249m)~高鳥屋山(栃本山・290m)~292m峰~京路戸峠~諏訪岳(324m)~北西

尾根~京路戸公園 駐車場

画像


画像


現在の唐沢山山頂には唐沢山神社がありますが、以前は唐沢山城がありました。

画像


画像


この城は、平安時代のムカデ退治伝説で有名な藤原秀郷が築城したと伝えられていますが、遺構は戦国時代の物のようです。


山麓を流れる秋山川から180mもせり上がった所に築城されていて、上杉謙信の猛攻を10度も退けた難攻不落の名城で、関東七名城にも選ばれております。

画像


画像


因みに関東七名城とは、他に、川越城(川越市)・忍城(おしじょう・行田市)・前橋城(前橋市)・金山城(太田市)・宇都宮城(宇都宮市)・多気城(たきじょう・つくば市)あるいは太田城(常陸太田市)と言われています。


冬晴れハイクに併せて関東七名城巡りも良いかもしれませんね。



さて、実際の縦走路ですが、関東ふれあいの道「松風の道」は適当に小ピークは巻いていますので、あんまりアップダウンは有りませんが、全てのピークを登っていくと、かなり大変なコースに変わります。

画像


画像


今回はほとんどのピークを踏んでいきましたが、凄い急斜面の登山道(踏み跡)もありました。

画像


画像


樹間からは、南に関東平野と富士山がクッキリ見えました。

東には三毳山~晃石山・筑波山、西から北にかけては近くには大小山~三床山が、そしてその背後に浅間山・赤城山~袈裟丸山~皇海山方面が見えました。

画像


画像



画像


画像


京路戸峠までは問題ありませんが、最高峰の諏訪岳(中村富士)の登りはかなり急でちょっとした露岩帯もありました。

画像


画像


また諏訪岳の北西尾根を下りましたが、ここはあまり歩かれてなく、しかも40度くらいの急斜面が3回くらい出てきて、想像以上に大変な下りとなりました。

画像


自信のない方は、山頂から京路戸峠に戻った方が無難だと思いました。

画像


総じて、歴史と展望が楽しめる素晴らしいコースでしたね。

真夏は遠慮したいですが、萌黄の季節も素晴らしいと思いました。

画像


登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック