西上州・カイト山、高天原山 & 大蛇倉山 2015 5/23(土)~24(日)

画像
今シーズン初めて西上州に行ってきました。 それも上野村の最奥部の山、カイト山(白板山・1343m)と高天原山 & 大蛇倉山(1962m)です。 高天原山(たかまがはらやま・1979m)はおそらく西上州の最高峰だと思います。 雪はありませんでしたが、谷川岳(オキの耳・1977m)よりも高いのですから驚きです。

画像
画像

画像

カイト山は林道矢弓沢線から十石峠に行く途中の右側にある岩山です。

プチ岩峰といった岩山ですが、石灰岩で出来ているため二子山を思い起こさせてくれます。

コースタイムで登り30分・下り20分くらいですので、岩場さえ気を付ければ素晴らしいプチ山旅となります。

画像
画像

中低山ですが展望は抜群、ほぼ360度の眺望を楽しむ事が出来ました。

画像
画像


※カイト山とは変わった山名だなと思い調べてみました。

村や部落の共同体で所有してる山で、薪炭・用材・落葉などを採取する山林のことを入会山と言うそうです。

入会山は地方により、カイト山(垣内山)・仲間山・惣山(そうやま)・総持山(そうもちやま)などと呼ばれているそうです。

従いまして、漢字表記をすれば「垣内山」(カイトヤマ)と言う事でしょうか。

画像

画像



画像

画像
画像

さて2日目は、御巣鷹の尾根から上信県境尾根に出まして高天原山と大蛇倉山に登ってきました。
画像

このエリアは、30年前に起きました大惨事・日航機墜落事故の現場ですので、中々出かける気持ちにならず、今回初めて訪れました。


一度お線香だけは挙げたいと思っていましたので、慰霊も兼ねて登られせて頂ました。

画像

昇魂ノ碑までは、登山道も整備され途中にはトイレも設置してありました。

昇魂ノ碑で黙とうしてから登山を続けさせて頂きました。



上信県境までの尾根(御巣鷹の尾根)はかなり急なものでした。
画像
画像

県境の分岐から高天原山へは一か所岩場がありましたが、難所というような所は有りませんでした。

画像
画像

画像
画像

大蛇倉山も山名に反して岩場はなく、ちょっとイメージが違いました。
画像
画像
画像

山頂はダケカンバとシャクナゲの樹林ですが、少し西にいった岩棚は最高の展望台でした。
画像
画像

正面に八ヶ岳連峰・御座山、左に甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳など圧巻のパノラマが広がっておりました。

画像
画像


また北西に見えた三角錐の赤火岳(ツギノス・1822m)がとても印象的でした。

この山も群馬県境上にあるピークですので、いづれは登る事になるのですが、もちろん登山道はなく何時になるのでしょうか。
画像
画像

そんな事に思いを馳せながら静かに下山いたしました。

画像
画像

画像

登山教室 「山旅クラブ」

富澤光弘 <日本山岳ガイド協会 認定 山岳ガイド I >

画像
画像
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック