八ヶ岳・天狗岳(2646m) 2011 2/5(土)~6(日)

画像
たいへん快適な冬山登山となりました。
冬山といっても色々ありますね。
先週の新潟県・神楽ヶ峰は積雪4mで山スキー、3日前の栃木県・古賀志山は積雪ゼロで岩稜縦走、そして今回は積雪60~70cmで2600mを越える高山への登山です。

画像


1月は冬型の気圧配置が続き、たいへん寒い1ヶ月でしたので、覚悟を決めて入山したのですが、数日前から冬型も緩み、気温も上昇し、たいへん快適な冬山となりました。

画像
  
画像
画像

八ヶ岳といえば、低温と強風で有名ですが、風も穏やかで気温も高めでしたので大変助かりました。
画像
画像


黒百合ヒュッテの朝はさすがにマイナス12℃でしたが、山頂ではマイナス3℃でしたので、この時期の八ヶ岳としては非常に高温でした。

画像
画像

風も弱く、西天狗へのコルで一時的に7~8mの風がありましたが、全般に非常に穏やかでした。

画像
画像

積雪は例年よりかなり少ないようでしたが、上越と違って乾いた雪ですので快適でした。

画像
画像

展望は素晴らしく、北ア・中ア・南アは全て、眼の前には硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳がせまり、遠くは日光白根山や燧ヶ岳も望まれました。
画像
画像


本当に、こんなに快適な厳冬期の3000m級は珍しいと思いました。



帰路、西天狗岳北面を登って行く、日本カモシカを発見しましたが、何しにあんな高い所まで登るのか不思議に思いました。
食糧なら山腹の樹林帯の方があるように思うのですが、わざわざ森林限界の上まで?。


結論として、「きっと、西天狗岳の登頂を目指していたのだ!」という事になりました。


富澤

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック